新着情報

ハイレゾ音源

最近、オーディオ機器のメーカーからハイレゾ音源に対応した機器が続々と発売されており、昨年秋にはsonyよりハイレゾウォークマンが発売されています。このハイレゾ音源とはどういうものなのでしょう?ハイレゾ音源とはCD(44.1khz /16bit)の情報量を超える高音質の音源の総称となります。96khz/24bit(CDの3倍の情報量)や192khz/24bit(CDの6.5倍の情報量)などCDを遥かに超える情報が収録されています。音源(曲)は、専用サイトで購入することになります。国内ではe-onkyo(http://www.e-onkyo.com/music/)などの配信サイトが配信をしています。一般的にはオーディオファイルの形式は、MP3、AAC、WMAなどが主流ですが、ハイレゾ音源はFLACとよばれる形式のファイルがポピュラーです。FLACの再生には専用のソフトが必要となり、foobar2000(無料)などのソフトが一般的です。Buffaloなどの周辺機器メーカーでもハイレゾ音源に対応したNASや、ネットワークオーディオの周辺機器を多数発売するようになっています。(http://buffalo.jp/products/digitalkaden/audio/networkaudio/)。また、その他の各メーカーも対応機器は急速に拡大しているようです。皆さんも興味がある方は体験されてみてはいかがでしょうか?